無線機について >> メリット・デメリット

無線機と聞いて何を思い出しますか??無線機とは、その名のとおり「無線」で相手と通信をする機械のことを言います。そんな無線機のひとつとして、私たちが欠かすことのできない携帯電話があります。携帯電話をはじめ無線機は、電波を飛ばすことによって通信することができます。ここではそんな無線機について見ていきましょう。

無線機のメリット

無線機のメリットは、どこにいても電波がある限り通信を行うことができます。そのため、アウトレジャーに出かけても、携帯電話の電波が届かないようなところでも、無線機の電波はありますので、何かあったときには、大活躍してくれること間違いなしです。また、災害時にも、無線機は大活躍します。携帯電話などの電話回線は、お正月の12時きっかりのときや、緊急時、災害時などには混線する場合があります。しかし、無線機は、電話回線を通してはいませんので、そのような混線の影響を受けることはありません。そのため、回線が混むような状況になったときに、無線機で情報を得ることができます。

また、無線機は多くの人へ向けて一斉に通信を行うことができます。同じ周波数の電波を利用している無線機であれば、すべての無線機に同じ情報を同じ時間に伝えることができるのです。そのため、イベントのときや、学校行事の運動会など、大勢の人を誘導しなければならないときなどに、トランシーバーなどの無線機がとても便利です。また、インカムを利用すると、ツーリングなどでも、仲間と連絡を取り合いながら走ることができます。

無線機には、トランシーバー、インカムをはじめ様々な種類があります。それぞれ使用する用途によって使い分けることができます。また、その操作性もとてもシンプルですので、誰がも使用することができます。無線機は活用すればするほど便利なアイテムなんですよ。

無線機のデメリット

無線機はやはりメリットばかりではありません。デメリットもあります。デメリットとしてあげられるのは、無線機を利用するためには、免許・資格・申請が必要となることです。これは、法律で義務付けられていることで、もしも免許・資格・申請をせずに無線機を使用した場合は、電波法などの法律で罰せられることになります。無線機はやはり、使い方を間違えると、正規の電波に迷惑をかけることもありますので、無線機を活用したい場合は、しっかりと免許・資格・申請を忘れずに行いましょう。

ただし、無線機の中でも、免許・資格・申請が必要のないものもあります。それは、特定小電力トランシーバーです。これは、比較的出力が小さいので一般的に、レストランやパチンコ屋さんなどで利用されています。この特定小電力トランシーバーは、誰でも利用することができ、特に利用する際に必要な免許・資格・申請はありません。また簡単に手に入れることもできますので、短距離で通信を行う場合であれば、この特定小電力トランシーバーをおすすめします。しかし、これは、他の無線機に比べ出力が極端に小さいですので、もしも長距離の通信を行いたいのであれば、やはり免許を取得して、申請を出して、無線機を利用する方法しかありません。

Valuable information

シルバーアクセサリーのオーダーメイド製作
http://d-road-silver.com/

最終更新日:2015/7/10