インカムについて >> インカムの種類

インカムは無線機の中のひとつです。インカムは様々な場所で活用されています。例えば、よく見るのがコールセンターです。コールセンターの方が両手をふさがれることなく電話をしている姿をテレビのコマーシャルなどでよく見かけますよね?また、その他にも、ファーストフード店のドライブスルーなどの注文を受けているスタッフだったり、パチンコ屋さんの店員さんだったりと、様々な業種で利用されています。ここでは、そんなインカムについて見ていきましょう。

インカムの種類

ひとくちにインカムと言っても、その種類は様々です。使用する用途によって、インカムの種類を選ぶことができます。インカムには、一般的にスタンダードタイプと、中断通話タイプ、受信専用タイプとがあります。まず、スタンダードタイプですが、これは一般的に飲食店などで利用されているインカムのことです。これは短距離から中距離が通信距離ですので、ワンフロアーの居酒屋やレストランなどでよく見かけるタイプです。

次に、中断通話タイプですが、これは、業務用タイプで通信距離が長距離となっています。アンテナが長く、ワンフロアーのお店よりも、二階のある居酒屋やレストラン、または大型のホームセンターなどでよく利用されています。この中断通話タイプは、別売りの中断期を置くだけで、通信距離が2倍にもなるため、業務用として活用されています。

また、受信専用タイプは、その名のとおり、受信のみを行うことのできインカムです。そのため、マイクは必要ありません。これは、何か施設を回るときなどに、説明を受けながら回ることありますよね。そんなときに活用されています。

ヘッドフォンの種類

インカムはヘッドフォンとマイクがひとつになった無線機です。このヘッドフォンには、ヘッドタイプと、インナータイプのふたつのタイプがあります。ヘッドタイプは、耳全体をふさぐようなヘッドフォンのことです。主に、コールセンターなどではこのタイプが利用されています。もうひとつのインナータイプは、ウォークマンのような、耳の穴くらいの小さなイヤフォンタイプのことです。これはインカムが目立ちにくいため、式場や、イベントなどでよく利用されています。

このふたつのタイプは、使いやすいほうを選んだほうがいいのですが、どちらかというと騒音の多い場所では、やはりインナータイプの方がおすすめです。しかし、周りが比較的静かな場合は、ヘッドタイプのほうがおすすめです。このヘッドタイプは、長時間つけると耳が痛くなってしまうので、ちょくちょく耳をマッサージしながら使うようにしましょう。

Favorite

池袋で痩身エステ

2017/8/17 更新