インカムについて >> インカムの特徴

インカムは無線機の中のひとつです。インカムは様々な場所で活用されています。例えば、よく見るのがコールセンターです。コールセンターの方が両手をふさがれることなく電話をしている姿をテレビのコマーシャルなどでよく見かけますよね?また、その他にも、ファーストフード店のドライブスルーなどの注文を受けているスタッフだったり、パチンコ屋さんの店員さんだったりと、様々な業種で利用されています。ここでは、そんなインカムについて見ていきましょう。

インカムの特徴

インカムの最大の特徴はやはりハンドフリーです。インカムとは、ヘッドフォンとマイクがひとつになったもので、わざわざ無線機を手に持たなくても、相手と通信することができます。冒頭でもご紹介しているように、よくインカムが利用されているのを見かけるのは、コールセンターなどです。

コールセンターでは、電話を受けながら、パソコンへの記入が必要となります。一度に2つの動作を行わないといけないわけですから、電話を手に持つことはできませんよね。そんなときに活用しているのがインカムです。インカムはヘッドフォンとマイクがひとつになっているので、手は自由に他の作業をすることができます。

特に忙しくスタッフが歩き回るパチンコ屋さんや、ファーストフード店ではインカムが大活躍です。インカムは、トランシーバー同様に、常に多くの人と通信することができます。ひとつの指示をスタッフ全員に伝えたいときも、簡単に伝えることができるので、忙しい業種では必需品となっています。

インカムを使うメリット

インカムを使うメリットとして、一番はやはり特徴でもあるハンドフリーという点です。そして、その次に、騒音の中でも使用できるというメリットがあります。インカムは、ヘッドフォンとマイクがひとつになっているため、直接ヘッドフォンでクリアに相手の声を聞くことができます。そして、マイクで直接、騒音を入れずに声を届けることができます。イベントスタッフなどがこのインカムを利用しているのはこのメリットがあるからです。インカムは特に忙しい現場などでよく利用されます。忙しい現場はたいてい騒音がつきものですよね。そんな中でもしっかりと指示を聞くことができるので、インカムが重宝されているのです。

インカムの利用場所

インカムがよく利用されている場所は、コールセンターはもちろんのこと、ファーストフード店、パチンコ屋さん、レストラン、アミューズメントパーク、製造工場、イベント、テレビの制作現場、式場などがあります。インカムは、作業を行いながら指示を受けることができるので、本当に忙しいところや、動き回るところ、騒がしいところの職場にはもってこいのアイテムです。インカムに憧れて、ファーストフード店や、パチンコ屋さんでアルバイトをする人も多いらしいですよ。

check

象牙でできた印鑑
https://www.inkan-kyoto.com/products/list?category_id=14
>

最終更新日:2015/7/10